手間のかかるもの、代わりのきかないもの



d0386353_22530421.png


 家にあったライカに旧ソ連製の
オールドレンズをセットしたら
とても美しくなりました。
昔のデザインは優雅で余裕があります。
このカメラは50年から60年くらい
前のもの。

うちの父が若い頃カメラに凝っていた
らしくて、アルバムに写真がたくさん
残ってた。全てモノクロで面白かった。

35mmはデジカメに比べたら
コストパフォーマンスが圧倒的に
良くないし面倒。
それでもひと手間かけた味わいというか
仕上がりを待つ楽しみって
あるのだなあと思いました。

今日、カメラ屋さんに行って
中に入っていたフィルムを抜いて
もらって現像をお願いしてきました。
いったい何が写っているのだろうと
ワクワクしています。
(写っていない可能性もあり)。

手離してしまったら、もう
代わりがきかないものって
あるんですよね。
だから、良きものは決して
手離してはいけません。
そう思った。

ライカのシャッターを切るのは
アーチェリーの
「一射入魂」のようです。
わたしは和弓の方が好きだけど。





# by coricecafe | 2019-03-14 23:07

とても楽しい

 たまたま聴いて心に残っていた歌。
そんなにあることではないけど。
割と情の深淵が苦手で、無意識に
避けてた。初めて知りました。





わたしはこんなに心が美しくないので
「あなた」側の方の人間だと思います。
でも、素敵だなあ、
こんな風に想われたら。
誰に何て言われていようと
気にしなくていいんだよ、
君への気持ちは変わらないよって
伝えたい。

今まではへー、そうなんだくらいにしか
思わなかったことも、年を重ねて
誰かの心の痛みみたいなものを一緒に
感じられるように、少しずつですが
なってきたのかも・・・

だったらよかった。







# by coricecafe | 2019-03-10 22:28

昔のライカで


d0386353_22435398.jpeg

先週からちょっとした悲しいことが続いて、
そんな大げさなものじゃないんだけど、それでも
自分にとってはしょんぼりすることで。
おはよう日本のニュースリーダー=三條アナの不在で
爽やかな朝の目覚めがなくなってしまったとか、
(病気とかでなければいいんですけど)
しぶそばで半券を失くしかけるとか、
ライブのチケットを確認ミスで取れなかった...
などが続いて、やる気元気なんとかみたいなものが
こぼれ落ちて行くようだった。

こういった日常の小さな痛手に対応するのって
意外としんどいんですよね。やたら信号に
引っかかってしまったり、お気に入りのヨーグルトが
売り切れだったりすることにさえがっくりして
しまう。

先週、友人が言っていた
「乗り越えてきた人って太くいられるんだよね。
ある種の開き直りというか。それは強みだね」。

もちろん、無理して強くなる必要なんて
ないんだけど。弱いところがあっても全然いい。
それに、生きていればそのうちいいことも
あると思えたし。

今の願いは家にあったライカのカメラで
写真を撮ることです。
自分が撮りたいの。シャッターボタンを押す。
60年くらい前のカメラでどんな風に
写るのか、今日はそんなことを
考えていました。



# by coricecafe | 2019-03-09 22:44

月の裏


d0386353_20074702.jpeg
 

 2月の最終週に来年の専攻を決めて
申請した。
思いがけず国文学を選んだ。
1ヶ月前の自分なら想像もしなかった。

きっかけはキリンジのエイリアンズの
純文学のような歌詞に打たれたことと、
友人の頑張る後ろ姿を見送ったこと。

日本人なのに日本語を知らない。
基本に裏付けされていない文言を
読んだりするのが疲れるようになった。
純文学のようだと感動するのは、どこを
切り取っても心に響くんですよね。
そして何度も噛みしめる。美しいから。

その友人とは先月初めて会って
話をしたのですが、ほんといいなあって思った。
最初から印象どおりの人。なかなかいない。
彼女は自分を大きく見せようとしないし、
やるべきことをきちんとこなしている。
その決断力と勇気と優しさを、これからも
変わらず持ち続けられる人だなあと思いました。


私が以前、漢方養生指導士の勉強をしたときは
自分のためだけだったと思う。
でも今は、
誰かのために自分の知恵と勇気を
役立てたいと思っています。


ごはんの後に猫と惰眠を貪って
しまいました。温かさと柔らかさに
このままこの時間だけが続けばいいのにって
願ってしまった。
エイリアンズのイントロだけで
泣きそうになる夜。












# by coricecafe | 2019-03-07 21:23

統計と確率


d0386353_18580205.jpeg


寒い。3月はあなどれない。


昨日はマンガと雑誌と本を購入。
砂とアイリス4巻、Newton 4月号、
小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本。

算数はスパッと答えが出るからいい。
あとはタイムの問題。そう、
さくらんぼ計算って知らなかった。へー。
外国に行ってお釣りの出し方とか気を使って
端数が出ないようにすると逆に混乱させて
しまうんですよね。イギリスがそうでした。
悪いことしたのかなって思ったけど、
それも含めて勉強になりました。


今月は詩のワークショップがあるのですが、
恋の詩って今の自分に書けるのだろうかと思う。
かと言って、世界平和とか人類愛を追求するのは
スケールが大きすぎて荷が重いし現状がよくわからない。
理数脳で攻めていいですか?
お猿さんが一生のうちに桃を手にする統計と確率とか。



砂とアイリス 4 (愛蔵版コミックス)

西村 しのぶ/集英社

undefined





Newton(ニュートン) 2019年 04 月号 [雑誌]

ニュートンプレス

undefined





小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本

小杉 拓也/かんき出版

undefined





モンキーバームはタイ式マッサージ店で

購入しました。

意外とマイルド。何かには効きそう。





# by coricecafe | 2019-03-04 19:08