あたたかい場所へ


d0386353_22391582.jpeg

たまに行くパン屋さんの入り口に
「うしでんしゃ見た?」と書いてあったので
しばらく線路沿いで待っていたら

来たーー。かわいい。全身がうし。

お正月に行けなかった白根神社にお参りに行って、
公園を2周走って和菓子を買って本屋さんと
パン屋さんに寄る。たんたんとこなして
日常に戻る。それがいいなと思う。

帰って「家売るオンナの逆襲」を観る。
いいドラマだなあ。
世間で言われていることに風穴を開けてる。
他人の常識に合わせる必要なんてない。
誰を好きになろうが心は自由。
気持ちをコントロールできるのが大人だから。
自立しなきゃとか知らない人に自分を認めて
ほしいがためになんでもかんでも晒すより
まずは

「自分を守る」。

あたたかい場所へ行こう。




# by coricecafe | 2019-01-19 22:38

3年生のみなさんへ。なきたくなる気もちあげます。

心うたれるほんとうにあった話〈3〉心うたれるほんとうにあった話 3年生―「海の英雄クヌッセン」ほか

川村 たかし(監修)/ポプラ社

undefined


四半世紀以上お世話になっている
歯医者さんの待合室の児童書コーナーの本。
おそらく院長先生のお子さんが読んでいたのかな?って
想像しているんですけど、わたしは診察時間よりいつも
30分は早く到着してしまうので、こちらの本の
お世話になっています。そのなかの

「心うたれるほんとうにあった話」

悲しすぎるのも怖すぎるのもダメで
ずーっと心に残ってしまう自分には
読める本は限られていると思っていて、
読まずぎらいにならないようにした方が
いいのだろうけど、手に取った本しか
読みたくない。ならそれでいい。
その方が気もちいいから。

本の中で、三宅島の柴犬さんムサシの
話は泣きたくなりました。
でも、せつない涙じゃない。
傷つけられて流す涙じゃない。

「里親の手つづきを済ませた中村さんが、
ムサシを、車にのせました。
(ぼくは、この人たちとをくらすんだ)と
いうような顔で、ムサシはまっすぐまえを
みていました。
 ムサシの家の人も、中村さんが里親に決まったときき、
「安心しました」と、いいました」

ムサシは1年近くひとりぼっちで
三宅島で生き延びてきたわんさんです。
やせ細っても苦しくても、人に対する信頼を
失わなかった。

うちの猫ももともと父の猫でした。
迎えに行って車に乗せたとき、
同じようにまっすぐ前を向いていた。
2度と父には会えなかったけど、
悲しんでいる時間なんてない、
今を生きるんだからって決めてたんだね。

強く生きよう。


# by coricecafe | 2019-01-16 20:57

サントリー角ハイボール

1月も14日過ぎたところで
今年を振り返る。

いちばん笑ったテレビは
“関ジャニ∞クロニクル”の
英会話伝言ゲーム。

面白かったのは
“激レアさんを連れて来た“の
レ・ロマネスクの回。
トビさんの品のいい笑顔と
美しいフランス語の発音に打たれた。
ライブ、観に行きたくなりました。

今日は“空港ビアノ”を偶然観て、
ミュンヘン駅の待合室にあった
アップライトピアノを思い出した。

夕方とか歩いていると
たまに誰かが弾いていて、
ただ、ピアノを弾きに来る人もいて、
それを聴いているだけの人もいて、

よかったな。
さりげなくて。

心に残った言葉は
ライブ友の
「潮目かなと思って・・・」。

子どもの成長に合わせて
歳月や節目を確認することがないので
人生という電車の旅の途中で、
新幹線にするか各駅停車にするか
乗る駅も降りる駅も自分で
判断しないといけない。
そうやって自分が成長していく。
潮目を決めるって大切なことだと
思ったんです。
この友人に出会ったことは
大きかったですね。


今日は片付けをしていまして、
そのBGMというか、昔、録画した
ハードディスクを観ながら別部屋で
作業をしていたのですが、
サントリーの角ハイボールのCMに
久しぶりに胸が痛くなった。
誰かに恋するってこんな気持ち
なのかな?って思った。
井川遥さん綺麗だし、
加瀬亮さんはいちばんいい感じのころ。










今をときめく田中圭さんとか
田島貴男さんの歌がいい。

こんなふうに
いらっしゃいませって
言ってみたいという
人生最後にして最大の夢。

やっぱり Bar 止まり木構想が・・・
どなたかオーナーになって
わたしを雇われママに。。






# by coricecafe | 2019-01-14 17:40

文箱

d0386353_20530845.png



友人から誕生日プレゼントでもらった文箱。
帯締め入れになりました。
一か月に一回、着物を着るのが今年の目標のひとつ。

他の目標はミッシェルポルナレフの
“Love me please love me“ を
フランス語で歌えるようになること。

今年になってまだ10日だから
こんな風に思える。この余裕が
嬉しいなあ。

去年はいいことより悪いことの方に
悩まされてた。辛いなあと思ったことも
あった。それが去年の11月に京都に
行ったとき、目の前の霧が晴れた思いが
したんです。現実が見えたというか、
なるほどそういうことだったのかと。
もう、いろいろ考えなくてもいいんだ、
ただ自分の幸せのことだけを考えて
穏やかに生きていけばいいって
声が聞こえた気がしたんです。
ちょうど双子座の満月の夜で、
ようやく道が照らされたのだと
思いました。

視野が狭くなっていたんですね。
以前はそんなことなかったのに、きっと
若いときと同じようにはいかなくなった。
でも、大人って悪くない。
愚行さえしなければ知恵を持って
上手く乗り越えていける。
いつかはこれでよかったんだって
思える日が来る。
あきらめても大丈夫じゃないかなあ、
人間は意外としぶとい。

今年の目標のひとつは
いろんな分野の知り合いを
増やすこと。あくまで
知人でいいの。いちいち友人の地位を
与えてほしいとも考えない。
いちばんいいのは茶飲み友達程度かな。
そんなにはいらないけど。

それと、短歌の会も作ったんです。
俳句が情景を読むなら
短歌は心情。挑戦する価値ありますね。







# by coricecafe | 2019-01-12 21:15

年末の29,30日とインフルエンザA型で
寝込んでいたため、テレビ等のゴシップに全く
気が付きませんでした。熱が下がってすっかり
元気になった後も、友人の猫インスタ以外は
見ないようにしていたので、今日はじめて
ぞぞのお年玉の件を知りました。
それも街頭インタビューで。

まあ、宣伝なのだろうから別に関心はないけど
「当たったらどうしますかー?」という質問に
答えられていたご夫婦がとてもよかった。

「孫から、おじいちゃんとおばあちゃんは
そういうものには近付かないようにと
言われていますので」と。

これに尽きるのではないでしょうか。
鼻で笑っていればいいことなんじゃないかと。
個人的には売名行為の方が断然気持ち悪い。
生理的にも人間的にも無理です。似たような
ことをSNSで匂わす人種も予備軍だなあと思う。
人のふんどしを借りる人も貸す人にも
気を付けた方がいい。
だって、本当に大切な人のことは
必死で守りますよ。想像したらわかること。
自分の娘や息子をそんな目に合わせたいかと
いうこと。愛猫に対しても同じ。
こんなに愛しくてほろほろと泣けてしまうような
存在を傷付けるような人たちからは、
絶対この子を守るんだって、その気持ちを
思い起こしてほしいです。



# by coricecafe | 2019-01-12 15:59