人気ブログランキング |

君じゃなきゃ

先週の火曜日にVIERAが家に
やってきました。4Kテレビ。
購入してから1週間。待ちに待って、
もう設置から全部やっていただいて、
そう、これは革命。文明の利器というか
前テレビの10年間からこんなに時代は
進んでいたんですね。
すっかり置いていかれてたわ。

まずは4Kで深海を観た。
イソギンチャクやら何やらが
揺れてゴボゴボ言ってなぜ深海に
この彩り?
それからはいつもどおり
「きのう、何食べた?」の録画を
ただ流すようにたまに立ち止まって観てた。
そうか、時代は変わっても自分の好きなものは
自分だけのものなんだな。
それから・・・・
知らなかったのですけど、ネットで繋いで
YouTube をこんなに観ることができるんですね!

毎日、Mr.Children流してます。
一緒に動いてます。
桜井さんの白目が苦手で・・・って人
2人知っているけどわたしは平気。
それより桜井さんの「君」がダメだった。
好きな人と出会ってふたり幸せになれるって
ウソっぽいって感じてた。
でもMr.Childrenの歌って、叶わぬ想いが
実は大半?かもしれなくて、
届かなくてもいい、ただ想っている。
そこに気が付いたら自然と聴けるように
なりました。
今は家でも車でもカラオケでも
Mr.Children以外はない!という縛り。この
アホ・ストイックに救われてる。

昔だったら行動を起こしたかもしれない。
みっともない深追いをしかけたかもしれない。
でも今はしない。絶対しない。
理由は年齢と思考回路の変化です。
自分が思っている以上に脳が理系だったらしく
合理的でないことはしない。
人をあてにしないって考える、
それってさみしいことなのかと
思っていたんだけど、そうでもないって
わかったんです。その方がラクだった。
実は周囲の人たちはとっくにそうしてた。
誰かに期待するなら自分でやる。
それによって相手も自分も傷つかないなら。
消極的かもしれないけど、それもありかな
と 思うようになりました。最近なんですが。
そこで浮いた余力を自分の好きなことに
使えばいいのだし。


思い通りにならないことがあっても
他はうまくいっているならそれで
いいと思う。
自分の好きなことができるか、
信頼できる友人と語り合ったり
意見交換したり笑い合うことが
できるなら。かたわらには猫もいる。

あとは健康ですね。
50代でなるような病気ではないですよ、
生活習慣病は。
それは40代に心身の悲鳴に耳を傾け
なかったからだと思う。
10年後の自分はただただ笑っていたいので
今、やるべきことをする。それだけ。








3分33秒からの桜井さんの動きが素晴らしくて・・・涙





# by coricecafe | 2019-07-23 08:51

案外、幸せ

今日は書道(書法)のお稽古日。
書道は母方の祖父と叔父が上手くて
ただ、公務員だったので副業ができず
趣味でやっていました。
わたしは書道は苦手で、なんで同じように
書けない(臨書)ものかと逃げてました。
同じように茶道もうちの母がしていたので
勧められるままやっていましたが
なかなか覚えられない。。
書道と茶道に関してはほとほと才能が
ないのだと思ってます。
ただ、好きなんですよね。
大好きではないけれど。

書道に関しては高校の芸術科書道の
教員免許を持っています。
ほんとにお情けでいただいた感じで
でも、勉強できたのは楽しかった。
書道も茶道も決して敷居は高くないんです。
なんと言っても日本のものなので
途中でやめてもまた再開できる。
それが「道」というものの良さですかね。

他にはバレエと最近、フラメンコを
始めましたが、こちらはちょっと趣が違う。
続けていかないとダメです。
フラメンコはずーっとやりたかったけど
なかなかお教室が見つからず、ようやく
いいところが見つかってすごく楽しい。
何事もご縁とタイミングですね。


昨日のライブで思い出したのですが、
前にご一緒していたうら若きYさん。
最近、お見かけしないなあと思っていたら
素敵な彼とふたりでライブにいらして
いるそうです。よかったー。
しかもそのお相手の方が、
メガネをかけたとても優しそうで
真面目そうでと聞いて、嬉しいお知らせ
ありがとうーって手を合わせたくなりました。
今までいいと言ってたバンドの人と
真逆のタイプだったから。

もしね、自分の好きな憧れの芸能人と
付き合えるようになったらどうする?って
話をしていて、意外とみんな
「気を使って疲れる。嫌われたくないから
本当のことが言えない。言いなりに
なって自分が壊れてしまう・・・」と
言うのですが、そうなのかな?
そんな機会が想像できないから
言えるのかもしれないけど、
3次元の同じ人間に、どうして
そんなに気を使わないといけないのか
わからない。いいことは褒める。
悪いことはどうなの?って眉をひそめる。
誠実に対応する。傷つけない。
悲しませない。笑顔でいて欲しいから
面白いことを探す。
普通に誰に対しても同じだけど。
それで嫌いになるならそれまでだと
思う。それが生活を共にするって
ことだと思うから。

と いうことに気がついたのは
こちらの文章を拝見したからです。

「人生ってなんでこんなにつまらない
のですか?」

という問いに対する回答です。


d0386353_17293521.png

とても明晰な回答だと思います。


それと魔法の言葉、

友人は3姉妹なのですが、
久しぶりに集まって話をしたとき
みんなそれぞれいろいろな背景を
抱えているけど、それでも

「案外私たち、幸せなのかもね」

このスタンスがいい。


正直、連休明けからずーっと
辛いなあって思いがあって
それを飲み込んでいた。
2年前は楽しかったなあって
そういう風に感じるのは
今が良くないんだってことだから。

でも、今は違います。
自分の思い通りにならなくても
もう、それはそれでいい。
自分が思い通りにしていれば
いいんだから。


そしたら案外、幸せ。




# by coricecafe | 2019-07-18 17:39

まなたび2

親方と白洲正子さんのやり取りは
聞いているとワハハと笑って
温かい気持ちになります。

中瀬ゆかりさんが白洲正子さんの
編集者だった頃、白州さんのお宅で
鼻を噛んでそのティッシュを

「先生、これはどこに捨てたら
いいですか?ゴミ箱はどちらですか?」

と 尋ねると

「そこに捨てなさいよ」

と 示された籠がなんだか良さげで

「先生、こちらの籠は?」

「ああ、安土桃山のね・・・」

中瀬さんはとても捨てることができずに
そのティッシュをブラジャーに挟んで
帰ったそうです。
白州さんの「用の美」については
きっと真似できないけど憧れますね。


それから白洲正子さんが入院されたとき
お見舞いにいった中瀬さんに
白州さんが急に手を伸ばしてきたので

「先生・・・」と 言って手を握り返すと

「ちょっと、あなたのしているネックレスが
見たかったのよ。
あたしが死ぬとでも思ったの?」

白州さんが何歩も何歩も先を見ている
素敵な方だったのがよくわかります。


帰り際に、ほんとにほんとに
これこそ奇跡ということが起こって、
それは人、場所、タイミング、全てが
良くないと起きない。
(だから逆は怖いことなんです)
中瀬さんに本にサインをいただきました。
それも、中瀬さんが講演会でお話を
していた「村上さんのところ」に。

近くで拝見してもゆかりさんは
めっちゃキュートで

「えっ、わたしが村上さんの本に
サインしちゃって・・・」

と にこやかに言ってくださって
肩に手を添えて写真も撮って
いただきました。
去年の新潮社の夏祭りのときも
暑い中、一生懸命私たちに対応
してくださってその真摯さに
感動したんでした。

大きいなー、器が。
だからいいんだなあ。
安心して身を任せられるような。


そんな話を友人としていたとき、
普段は温厚でわたしなんかより全然大人な
彼女でも誰かを許せないときがある、
それは

「実は自分はすごく気位の高い
ところがあって、
なめられてるなって
思った途端に、その人のことを
突き放したくなる。
誰でも多かれ少なかれ
尊厳を持って生きているわけで
その大事なところをずさんに
扱われたら許せなくなるよね」

これはわかるし沁みた。
感謝の気持ちが持てない人とは
関わらない方がいい。
自分も気をつけるように戒めた。


全然違うけど、わたしの大好きな
Mr.Children桜井さんの名言があって

「お化粧の崩れた人や
ブラジャーから出ちゃっている人は
直して下さいね」

これは友人ときゃっきゃっしました。
言葉は人を如実に現す。




d0386353_09325177.jpg


ありがとうございます。






# by coricecafe | 2019-07-06 09:33

まなたび 1

日曜日に中瀬ゆかりさんの
講演会に行ってきました。

中瀬さんの素晴らしさはいちいち
申し上げるまでもないのですが、
本当にいいお話でした。
これから生きていく上で。
こちらに憶えていることを少しずつ
記録していきます。

中瀬さんが編集者として担当されていた
白洲正子さんのこと。

まず白州さんに言われたことは
編集者はほめ上手であること。
ただ、ほめてばかりでは軽くなる。
作家はその辺りは敏感。
だから嘘はつくな。
誠実であれ、と。

白州さんはよく人のことを
「あのひとは田舎者ね」と
おっしゃったそうです。
白州さんのおっしゃるところの
田舎者というのは
都会の真ん中で生まれ育っても
田舎者。
どういう人が田舎者では
ないかというと
どこにいても、どこで暮らしていても
自分のスタイルを持っている人。

これはすごくよくわかる。
もちろん、白州正子さんだから
発言することができることだけど
同じように感じることが
多々あるので。口にはしないけど。

初対面で
私は東京の〇〇区出身で
〇〇〇大学を出ている者です。

と 得意げに言われても
こちらとしては

は?
で?

と しか思わないわけです。
そんなの絶滅危惧種でもあるまいし
珍しくもない。

結婚相手としても
この基準で選ぶと痛い目に合うと思う。
もれなく付いてくる姑、小姑も田舎者。


スタイルを持つことは
高貴に生きること。
相手に不快感を与えない。
思いやりにあふれてる。
人間だからできることだと
思っています。


次は奇跡について。




# by coricecafe | 2019-07-03 10:57

3つのこと

6月が終わろうとしてます。
今年も半年が過ぎたということで

早いかな。まあ、そうだよね。

正直、最初の3ヶ月のことはもう
あまり憶えていないんです。
たぶんたいしたことなかった。
それはそれでいいことなんだろうけど。

でも、それからの3ヶ月は違いました。
はっきりと記憶してます。
自分の頭と心で。

まずは
「きのう何食べた?」と出会ったこと。
昨日が最終回で、リアルタイムで観て
その後もう1回観て、朝に編集して観て
家に帰ってからまた2回観た。
そして同じところでぽろぽろ泣いた。
今まで多幸感って言葉、ピンと来なかったけど
こういう感じなんですね。
温かくて優しくて、そんな思いにじわじわと
包まれた。ずーっとずーっと観ていられる。
誰かが非常用持ち出し袋の中にDVDを入れると
言っていたけど、その気持ちわかる。
わたしも入れよう。お守りのように持っていたい。

このドラマと出会って劇的に変わったのが
日常の衣食住。ごはんを作って食べるのが
普通になった。それから5月の連休中は、
居心地のいい部屋を作ろうと奮闘。なんと
誰かを呼びたい気持ちにまでなりました。
ほんとはそうしたかったのかもしれない。
除草作業をしたかったんだと。

2つ目はMr.Childrenのライブで
初めて名古屋に行ったこと。
5月の令和元日に友人とカラオケで
ミスチルだけを熱唱して、なぜか
友人が感動してくれて、そしたら
今まで封印していた(ギリギリ・・・)
桜井さんたちへの想いが溢れ出しまして
会いたいなあって願いはじめた。
それでダメ元でナゴヤドームのチケットを
締め切り日当日に気がついて申し込みを
したところ、ライブ当日の前々日に
当選のお知らせが!そんなこともあるんですねー。
実は名古屋に降り立つのは初めてで
でも、何も決めていなくて、とにかく
新横浜からのぞみに乗って名古屋へ。
それから熱田神宮で御朱印、きしめん、
スタバで携帯の充電、そして名古屋ドーム。

ドームの最後列で浴びたMr.Childrenは
本当にもうMr.Childrenだった。
ただただ素晴らしかった。
客観的にはショーとして考え尽くされている、
それは最高のスタッフと演者さんだから
できるお金のかけ方ではあるのだけど、
確かにそこに感動する。そしてそれが
まだ続いてる。

ライブの遠征はMr.Childrenとスピッツ以外は
しないと決めたので、ファンクラブに入りました。
でも何がなんでもとか全てを投げ打ってとかは
ないです。ご縁があったら会いたい。
それでも会いたいと思える気持ちが
あるって嬉しいことだなあって思う。

3つ目は算命学。
ひょんなことから20分間、占いをして
いただき、怖いくらい言い当てられたことは
顔にも出さず、誰にも言わず。
なぜなら言霊になってしまうのが嫌だから。

誰の心にもぽっかり空いている穴。
それをわたしは勉強で埋めようとする。
そのサイクルが短い。達成してしまうから。
そういう人に向いている
職業は「弁護士」らしいです。
勉強して司法試験を受けて、弁護士になって
からも勉強をして、そして大切なのは
誰かのために頑張ることでその穴を
本当に埋めることができる。

生まれて初めて、その道いいなあーと
思いました。
シロさんも弁護士さんだけど、親戚とか
親しい知人に弁護士がいると何かと
重宝なんですよね。

とにかく人生の転換期になった3ヶ月間の
3つの出来事でした。




# by coricecafe | 2019-06-30 00:33